パテックフィリップ 買取・ご融資の相場一覧

pp09
    > パテックフィリップ 買取

パテックフィリップはヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマピゲと並び、世界三大高級時計メーカーといわれています。

創業は古く1839年で、現在まで数多くの時計を生産してきましたが、パテックフィリップは永久に修理を受け付けると宣言しております。一般的な時計メーカーの場合ですと、製造から30年過ぎた時計は部品がないなどの理由で修理を保証しないといったことがあるなかで、パテックフィリップは永久に修理するということで一生ものの時計といわれることがあります。

パテックフィリップはメンズからレディースまで数多くの時計を生産しておりますが、最近の新作はやはりケースが大型化してきております。人気のワールドタイムの時計も旧型のモデルは37mmほどだったケースが現行のモデルですと約40mmほどとなっております。ほかにもノーチラスやゴールデンエリプスなども新しいモデルは大型化が進んでおり、時代の流れを感じます。

パテックフィリップ  ブランドヒストリー

パテックフィリップは1839年に二人のポーランド人によって生まれました。そして1851年のロンドン万国博覧会にペンダント時計を出品し、ヴィクトリア女王が購入したといわれております。 1933年にはニューヨークの銀行家の注文で24機能の複雑時計の「グレーブス・ウォッチ」を作成しました。この時計はのちの1999年にサザビーズのオークションで1100万ドルの値が付きました。 1968年にはエリプスを発売し、1976年にはノーチラスを発売いたしました。ノーチラスのデザインはジェラルドジェンタ氏が考案しました。 1989年に33の機能を乗せたムーブメントのキャリバー89を創業150周年記念で発売しました。 パテックフィリップは昔から今まで変わらず複雑な時計を作り続けているようです。
創業90年の質屋が作った専門店 -高級時計買取館- 渋谷店 JR山手線「渋谷駅」ハチ公ロ 徒歩5分 03-5456-4685 五反田店 JR山手線「五反田駅」東ロ 徒歩1分 03-3445-6631 営業時間:10:00~19:00 定休日:毎週日曜、毎月7・17・27日