パネライ 買取・ご融資の相場一覧

pa02
    > パネライ 買取

パネライはイタリア軍の軍用時計メーカーとして長らく存在をしていたメーカーで、現在では一般向けに発売されております。

一般的なモデルにルミノールとラジオミールがあります。ルミノールはリューズガードが付いていて、ラジオミールにはリューズガードがありません。

ルミノールにはさらにハイエンドモデルのルミノール1950というのもあり、ルミノールに比べるとさらに厚いデザインとなっていて高級感を出しています。

パネライは今までは汎用ムーブメントを使用しておりましたが、2005年に自社製のムーブメントも開発し、自社製ムーブメントのモデルも発売しています。

自動巻きのモデルですと大まかに分けて3つに分けることができます。汎用ムーブメントのOP系を使っているモデルとP.9000系のムーブメントのモデルとP.2000系のムーブメントのモデルです。P.9000系とP.2000系は自社ムーブメントでP.2000系は10daysモデルなどの上のクラスのムーブメントになります。一方P.90003daysGMTなどが付いたりいたします。

手巻きの場合は汎用ムーブメントのOP系と自社ムーブメントのP.999系とP.3000系、自社ムーブメントでハイエンドクラスのP.2000系があります。

ルミノールのモデルは汎用ムーブメントを使うことが多く、ルミノール1950ですと自社製のムーブメントを使うことが多いようです。

パネライ  ブランドヒストリー

パネライは1860年に設立いたしました。もともとは精密機器メーカーで温度計や湿度計などを生産しておりました。 その後、イタリア海軍からの依頼で軍事用のダイバーウォッチを生産することになり、時計作りが始まりました。 冷戦が終わると業績が悪化していき、それを打開するために1993年一般向けに製造と販売を開始いたしました。2005年には自社製ムーブメントも発表し、名実ともに高級時計メーカーの仲間入りをいたしました。 今現在はリシュモングループに属しており、今現在も新しい時計を生産し続けております。
創業90年の質屋が作った専門店 -高級時計買取館- 渋谷店 JR山手線「渋谷駅」ハチ公ロ 徒歩5分 03-5456-4685 五反田店 JR山手線「五反田駅」東ロ 徒歩1分 03-3445-6631 営業時間:10:00~19:00 定休日:毎週日曜、毎月7・17・27日