ラジオミール 買取・ご融資の相場一覧

pa10
    > > ラジオミール 買取

パネライの時計で一番最初にイメージするのはルミノールマリーナの時計かと思います。おそらく一番多くの種類を出しているのがルミノールマリーナのシリーズですし、腕にはめている人をよくお見かけいたします。

 

しかし、パネライの歴史の中で最初に作られた時計はラジオミールでした。当時スイス製の時計の販売店だったパネライがイタリア海軍からの特殊潜水部隊の使うダイバーズウォッチ製作の依頼で1938年にラジオミールは完成いたしました。ラジオミールという名前は使われていた夜光塗料の名前が由来となっています。ラジオミールとは1910年にパネライが開発した夜光で放射性物質を含んでいます。そのため放射性物質の含まない塗料であるルミノール換わっていきました。

 

パネライは長い間、軍用時計として一般には販売されることなくイタリア海軍向けに製造されてきましたが、1993年に一般向けに発売を開始しました。当初の主力商品はルミノールマリーナで、その後にイタリア海軍時計であるラジオミールを復刻版として世の中に出しました。

 

ラジオミールの特徴は大きいクッション型のケースに細いラグです。現在は42mm45mm47mmのサイズがあり、一番小さいモデルでも42mmと大型の時計です。ケースサイズはかなり大きいですが、ルミノールマリーナのようなリューズガードが付いていないので大きさの割にはスタイリッシュな雰囲気があります。現在は名前はラジオミールでも夜光の塗料は放射性物質のためにラジオミールは使用されておりません。

ラジオミールに限らず、パネライの時計は非常に高値で取引されております。特に自社製のムーブメントを使っているモデルやラジオミール1940のモデルなどの新しい時計は非常に人気があります。

創業90年の質屋が作った専門店 -高級時計買取館- 渋谷店 JR山手線「渋谷駅」ハチ公ロ 徒歩5分 03-5456-4685 五反田店 JR山手線「五反田駅」東ロ 徒歩1分 03-3445-6631 営業時間:10:00~19:00 定休日:毎週日曜、毎月7・17・27日