ルミノール 買取・ご融資の相場一覧

pa02
    > > ルミノール 買取

近年、どの時計メーカーも大型で分厚いケースの時計が発表されています。その大型時計ブームの火付け役となったのは、パネライの時計が登場してからだと言っても過言ではないでしょう。定番のルミノールのケースサイズは40mm、42mm、44mm、47mmまで揃っており腕の細い人や、大き過ぎるケースが苦手な人にでも合う幅広いサイズが揃っています。

 

とても人気のある大型時計ですのでコピー品が多く出回っており、判別方法として時計の裏蓋の刻印をルーペで見て確認します。個体ごとに違ったOP番号、BB番号、製造番号が刻印されています。この番号にはそれぞれ意味があり、OP番号はパネライの品番になり製造年とモデルが分かります。但し査定時には型番であるPAM番号でモデル名のみ特定しますので、PAM番号の記載されている付属のシールやタグを一緒にお持ち頂くと特定が早くなることがあります。

 

BB番号はパネライのシリアルナンバーです。シリアルンバーのスタートは、1997年の970001番から始まり今も増えて続けています。最後にアルファベット1文字と数字で組み合わされた番号は製造番号になります。/より右側はモデルの生産数で、左側のアルファベットと番号で製造年と何番目に作られたか分かります。

 

アルファベットは、Aから始まり1998年がA番、1999年がB番と一年ごとにアルファベットが進み、最近のモデルですと2011年がN番、2012年がO番となっています。新しいモデルほど査定額が高くなる場合もございます。デザインばかり注目されるパネライですが、ゼニスの代表ムーブメントであるエルプリメロを搭載したルミノールクロノグラフや、2005年には完全自社製ムーブメントを発表するなど時計メーカーとしての魅力も溢れています。とても人気のあるブランドなので、替えのベルトや箱などの付属品をお持ち頂いた方が査定額は期待できそうです。

PAM00161
査定価格
円前後
査定士コメント
創業90年の質屋が作った専門店 -高級時計買取館- 渋谷店 JR山手線「渋谷駅」ハチ公ロ 徒歩5分 03-5456-4685 五反田店 JR山手線「五反田駅」東ロ 徒歩1分 03-3445-6631 営業時間:10:00~19:00 定休日:毎週日曜、毎月7・17・27日