トノーカーベックス 買取・ご融資の相場一覧

フランクミュラー
    > > トノーカーベックス 買取

フランクミュラートノーカーベックス、カサブランカと同様に、フランクミュラーを代表するトノー型(樽型)の時計です。

時計メーカーとしての知名度では世界でも一位二位を争うメーカーであるフランクミュラーは1991年に創業いたしました。創業は新しいですが、創業前からフランクミュラー氏は天才時計師として時計界では有名な存在だったようです。1975年の17歳のときにジュネーブ時計学校に入学しますが、当時から天才といわれており卒業時には永久カレンダーの時計を製作していたようです。

そんな天才時計師のフランクミュラーの定番時計はトノーカーベックスです。フランクミュラーの代名詞ともいえるトノー型のケースで、フランクミュラーの時計を想像したときにこの形の時計を思い浮かぶひとが一番多いのではないでしょうか。

レディースサイズのトノーカーベックスで一番一般的なモデルは1752QZです。1752は時計のケースの形とサイズをあらわし、QZはクォーツの時計を意味します。1752QZは小さめのレディースサイズのクォーツの時計です。ステンレスのモデルや、WGYGのモデルなどありますが、ステンレスのモデルはリーズナブルな価格で非常に人気が高いです。

メンズのモデルですと58506850が一般的です。5850よりも6850の方が大きく、日本人の腕には5850が似合うように思えますが、大きな時計が流行の現在では6850も非常に人気が高いです。

トノーカーベックスだけではなく、フランクミュラー全般に言えることですが、定価に対しては買取、質預かりともにお値段が大きく下がることが多いです。フランクミュラーは並行輸入の時計が安く売られていること、中古の時計が安く売られていることなどで買取相場は定価に比べると安くなってしまいます。他にもフランクミュラーは国内正規店で購入以外の時計は代理店で修理できないなどのデメリットがあるのも中古市場で安くなってしまう原因のようです。

創業90年の質屋が作った専門店 -高級時計買取館- 渋谷店 JR山手線「渋谷駅」ハチ公ロ 徒歩5分 03-5456-4685 五反田店 JR山手線「五反田駅」東ロ 徒歩1分 03-3445-6631 営業時間:10:00~19:00 定休日:毎週日曜、毎月7・17・27日