ナビタイマー 買取・ご融資の相場一覧

bri01
    > > ナビタイマー 買取

世界初の航空計算尺付きクロノグラフ時計として、1952年にナビタイマーは登場しました。登場した1950年代では空港に管制塔などがなかったため、ナビタイマーの航空計算尺で速度や燃料などを測って運航していました。細かい数字だらけで難しそうですが使い方を学べば簡単に飛行機の速度や残りの燃料、上昇下降した時の距離を単位ごとに調べることができます。また、算数の掛け算や割り算もベゼルを回して計算できるため試験の際にナビタイマーを持ち込まないようにお気を付けください。

 

ナビタイマーには新旧のモデルがありまして査定額も変わってきます。スモールセコンドが12時9時6時にありカレンダーが3時に付いているモデルは、一番古いモデルのオールドナビタイマーです。文字盤が焼けてしまって変色している時計をよく見かけます。その場合は査定額が下がってしまいますのでご了承ください。9時6時3時にスモールセコンドがあり5時の位置にカレンダーがあるタイプがナビタイマーなのですが、日付を単独で変えることができるタイプは現行モデルで、日付を単独で変えることのできないタイプは旧型モデルとなっています。旧型モデルは12時から8時くらいの間を針を回して往復させることによって日付を進めることができます。ブライトリングのナビタイマーは人気のある時計です。革ベルトよりもブレスレットタイプの方が査定額が高くなりますので、取り外したコマなど付属品を揃えてお持ちください。

創業90年の質屋が作った専門店 -高級時計買取館- 渋谷店 JR山手線「渋谷駅」ハチ公ロ 徒歩5分 03-5456-4685 五反田店 JR山手線「五反田駅」東ロ 徒歩1分 03-3445-6631 営業時間:10:00~19:00 定休日:毎週日曜、毎月7・17・27日